スポンサーサイト

Posted by モア on --.--.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【僕たちの戦争】【出口のない海】

Posted by モア on 2006.09.29 本・映画 0 comments 0 trackback

大好きな作家-荻原浩-の【僕たちの戦争】が文庫化されたので読んだ。
ここ最近読んだ-荻原浩-の「コールドゲーム」「噂」「ママの狙撃銃」には若干物足りなさを感じていたのだが、【僕たちの戦争】には、私が-荻原浩-に求めていた要素が沢山盛り込まれており、久々に満足のいく荻原作品でした。
笑わせてくれるし、考えさせられたりもする、次の展開が気になり一気に読んでしまう作品です。
主人公の「正しい戦争なんて、どこにもない。戦死に尊いも賤しいもない。責任者出てこい!」には感動。
その【僕たちの戦争】とよく比較される横山秀夫の【出口のない海】もすぐに読んでみた。
この作品も『戦争と回天』がテーマである。
【出口のない海】では『回天』に搭乗した若者達の苦悩がより細かく描写されている。
出撃したが『回天』のトラブルにより発射ができず「死ねなかった」搭乗員の苦悩。
基地に戻ってからの上官の惨い体罰や、同僚の哀れみの眼差し。
主人公の「俺は回天を後に伝えるために死ぬ」の言葉には何度も熱いものがこみ上げてきた。
この2冊はとても素晴らしい作品です!時間が有れば是非読んでみて下さい。

ちなみに【僕たちの戦争】が先日TBSでドラマ化されたので録画して見ましたが、ドラマ化は失敗・・・
キャスティングもイマイチ・・・CGもショボイ・・・
荻原節が全く表現されておらず、バタバタしているだけのせわしないドラマでしかなかったです。
一方【出口のない海】の映画には感動しました。
脚本を山田洋次が手がけているだけあって、少々構成を変えている分、映画ではそれが良かった。
キャスティングも良く、CGも音楽も良い。
まぁ、お金のかけ方が違うから比べてもしょうがないのかな?

モア



スポンサーサイト

▶ Comment

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://morecam1.blog71.fc2.com/tb.php/54-7e81351c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。