スポンサーサイト

Posted by モア on --.--.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポルトガル戦で見た、メキシコ代表と日本代表の違い

Posted by モア on 2006.06.22 スポーツ 0 comments 0 trackback
メキシコサッカーは日本サッカーの見習う所が多いと聞いていたが、この試合はまさにその通りだった。
ポルトガル相手に体格では劣る事を計算に入れて、細かいパス回しと素早いプレス。
センタリングやCKはしっかりとニアに上げてチャンスを作った。
残念ながらポルトガルには負けてしまったが、試合は殆どメキシコが支配していた。
中田英寿が海外の選手に「日本人はアジリティ(俊敏性)が凄い!」と言われたそうだが
この言葉はメキシコ選手に当てはめた方が妥当だと言える。
それにしてもメキシコのパス回しは素晴らしい。
よく日本が攻め手が無く中盤でパスを回し、結果相手にインターセプトさせるシーンがあるが、
メキシコ選手は殆どミスをせず、2タッチ以内でパスを回す。
私がメキシコ人と聞いてすぐに思い浮かべるのがボクシングだ。
ボクシング軽量級の世界では日本の良きライバル国のメキシコ。
個人で戦うボクシングでメキシコ人と全うに戦えるのであれば、
団体競技が得意な日本人ならばメキシコと同じサッカーができても不思議ではないのか?
サッカーとボクシングを急に結びつけること自体、かなり強引な考えだとは思うが、ついついそう考えてしまう・・・

モア

スポンサーサイト

▶ Comment

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://morecam1.blog71.fc2.com/tb.php/41-fbee93b8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。