スポンサーサイト

Posted by モア on --.--.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WBCで感じたアメリカ野球とは?

Posted by モア on 2006.03.21 スポーツ 0 comments 0 trackback
キューバを力でねじ伏せ、日本の歴史的優勝で幕を閉じたWBC。
開催日程、イチローの発言、誤審問題、タナボタ決勝T進出、大和魂を感じた代表選手、などなど
細かいことを挙げればきりがないが、どうしても納得出来ない事がいくつかある。
まずは、アメリカ戦のタッチアップ判定が覆った件だ!
ヘボ審判のジャッジを云々言うより、アメリカ野球は微妙なタッチアップ判定にいちいちクレームをつけるのか?
日本が追いつけ追い越せのアメリカ野球とはそんなショボイ価値観の上に存在するのか?
どう考えてもケツの穴が小さいとしか言えない!
そもそも試合前に毎回自国の国歌を流すなと言いたい!いくら開催国だからといって・・・
仮に日本がWBCの開催国になったとして、その時同じように毎回国歌を流してみろ!
近隣諸国がどのような反応をしてくるか想像できるだろう!
アメリカはWBCを自国の大会と勘違いしているのではないか?
それに王監督のメダル授与のシーンはどう考えてもカメラポジションが逆だろ!どっちが主役なんだ!
メイン人物のバックショット映像を中継するなんて・・・いい加減な仕事をするな!
優勝したからと言っても、どうにも納得のいかない大会だ・・・

モア
スポンサーサイト

▶ Comment

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://morecam1.blog71.fc2.com/tb.php/24-36933dec
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。