スポンサーサイト

Posted by モア on --.--.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さまよう刃

Posted by モア on 2009.10.13 本・映画 0 comments 0 trackback
読んで胸が凄く苦しくてしょうがなくなる本がある。

過去に読んだ本の中だと「疾走・重松清」「13階段・高野和明」「最悪・奥田英朗」などなど…。

その中で、今回読んだ「さまよう刃・東野圭吾」は別格でした。

春に職場の後輩に薦められたのだけれど、ざっと内容を聞いた時点で遠慮してしまった。

それほど、厳しい本なのであります。

しかも、我が家の地元が作品の舞台になっていることもあり、かなり現実味がありました。

胸が締め付けられ、途中、何度も深呼吸をしながら読みました。

もし、自分の子が被害者だったら…。ましては加害者だったら…。

いたましい事件のニュースなどを観た後、何処の家庭でも一度は話合うであろう問題。

我が家でも話し合った事があり、どのような行動を取るのかは既にママと決めてあります。

だからこそ、作品の主人公にどうしても感情移入してしまう自分がいました。

法の存在意味とは?

少年法は裁判員制度導入で変わることがあるのでしょうか…。



モア


スポンサーサイト

▶ Comment

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://morecam1.blog71.fc2.com/tb.php/188-50d3fbf3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。