スポンサーサイト

Posted by モア on --.--.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幽霊人命救助隊

Posted by モア on 2007.09.09 本・映画 0 comments 0 trackback

出張先で購入し、一気に読んだ本です。
タイトル&表紙カバーからは想像できない深い本です。
数年前、私に『死とは?』と考えさせられる、ある事がありました。
その疑問をこの『幽霊人命救助隊』が少し解消してくれたような気がします。
「未来が定まっていない以上、すべての絶望は勘違いである」
この言葉の他にも、心に刺さる名言が沢山あります。
本自体は決して難しくなく読みやすいし、ユーモラスで人情味が溢れている作品です。
浅田次郎の『椿山課長の七日間』では一粒の涙も出ませんでしたが、
なぜかこの本では涙が止まりませんでした。
正直、余り人に薦める本では無いと思うのですが、ココに書かずにはいられない作品でした。
スポンサーサイト

▶ Comment

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://morecam1.blog71.fc2.com/tb.php/118-147a2b89
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。